ホーム

貯水槽清掃サービス
水道法により年1回以上の貯水槽清掃と
水質検査は義務付けされてます!
水道法では、「簡易専用水道」の設置者には法律上、年に1回以上の貯水槽清掃・水質検査等の管理が義務付けられています。
貯水槽の有効容量の合計が10tを超える 給水設備を「簡易専用水道」と定義しています。
10t以上というと分譲マンションやオフィスビルが該当します。また、賃貸の場合はほとんどの場合は10t未満ですが、有効容量の合計が10tを超えない場合でも「簡易専用水道」に準じた貯水槽清掃・水質検査の管理しなければなりません。
どんなに小さな貯水槽でも1年に1度の貯水槽清掃を実施するのが当たり前の時代になったのです。
貯水槽の管理は必要
貯水槽には常に水道管から引かれた水で満たされている状態です。水ですから内部には水垢がこびりつきますし、また常に湿気のある状態ですからカビも発生しています。 その内部はとても汚れているのです。 
建物や施設の入居者や利用者はそのタンクを通じて水道の蛇口から出る水を飲み水や料理に使用したり、洗面や入浴をするわけですので衛生管理はとても重要です。
定期的な掃除や水質検査を怠ったことが原因で、万が一健康被害などの何らかの問題が発生した場合は、その建物の信用はがた落ちとなり、建物にとっては資産価値の下落にもつながります。
そうならないためにも、貯水槽点検は必ず行いましょう。
貯水槽清掃の流れ

【メールでのお問い合わせはこちら】